ホーム > 根管治療

根管治療

マイクロスコープを使用した、正確で安全な根管治療。徹底した細菌除去・封鎖により、むし歯になりにくい歯を

根管治療とは

重いむし歯の場合には、歯の根の部分の神経までが侵されていることがあります。そういった場合に、マイクロスコープやレーザーを使用して丁寧に歯の根の神経を取り除く「清掃」を行い、かつ以後の唾液などの侵入を防ぐために「封鎖」します。

手間と時間のかかる治療ですが、後々のお口の健康を長持ちさせるには大切です。

マイクロスコープの有用性

マイクロスコープとは
マイクロスコープとは

マイクロスコープとは、生体用の顕微鏡のことです。
高額な機器のため、すべての歯科医院で導入しているわけではありませんが、治療者が正しい操作法を身につければ、根管治療の際に大きな力を発揮します。

肉眼と比べ、3倍から20倍に拡大された術野で治療を行えますので、従来よりも大幅に正確性が向上しました。
それまで肉眼や経験に頼ってきた治療が、より高度なレベルで行えるようになりました。

根管治療におけるマイクロスコープ

歯の根の複雑な箇所の治療においては、マイクロスコープはもっとも大切な機器のひとつです。
歯の根は非常に複雑な形であり、神経を取り除いたり、清掃するにも細かな作業が必要です。マイクロスコープの使用により、「根管内を直接見ながら」治療を行うことが可能になりました。それまでは肉眼と手先の感覚、経験を頼りに治療していたことを考えると、確実性・治療のレベルを格段に向上させたと言えます。
アメリカでは1998年には、根管治療を行う専門医にはマイクロスコープの使用を義務付けられているほどです。歯科以外にも、眼科、心臓血管外科、脳神経外科でも非常によく使われています。

マイクロスコープの主な特徴
マイクロスコープの主な特徴
  • 肉眼では確認できない細かな歯の凹凸、根管までを正確に捉えることができる。
  • 捉えた映像を、モニターを通してリアルタイムで確認できる。
  • 明るい術野での治療が可能ですので、より安心・安全。
  • 肉眼で捉え切れないエラーを察知できるので、早期発見、早期治療に結びつく。
  • 歯を削る場合、最小限の削除量での治療が可能。

※マイクロスコープを使用した場合、従来と比べると一度の治療に時間がかかってしまいます。より良い結果をもたらすためですので、ご了承ください。

治療方法のご紹介

根管治療
Before

Before

→
After

After

※クリックすると拡大表示されます。